Skill

【具体例アリ】独学でWebデザイナーになるための方法をご紹介!

Webデザイナー_独学
Pocket

こんにちは、うらけんです。

今回のテーマは「Webデザイナーは独学でなれるのか」ということです。

  • webデザイナーになりたいけど独学で問題ないの?
  • webデザイナーってどんなスキルがいるの?
  • 勉強はどのようにすればいいの…?

本記事では、このような疑問や悩みに対する答えをご紹介していきます。

僕自身、Webデザイナーとして活動しているわけですが、全て独学です。大学生なので、お金がなかったということもありますが、独学でも十分、Webデザイナーにはなれます。

今回の記事では、僕が実際に行っていた独学の方法も踏まえながら、ご紹介していきます。ぜひ、参考にしてみてくださいね!

webデザイナーとは

webデザイナーは、いわゆるサイト運営などを通じて、会社や自社のサイトに誘導できるようにする仕事です。

詳しくは、以下の記事を参考にしてもらえたらと思います。

あわせて読みたい
Webデザイナー
Webデザイナーとは?仕事内容から年収まですべて赤裸々に語っていきます!こんにちは、うらけんです。 webデザイナーとは? webデザイナーの仕事内容や年収は? webデザイナーに必...

webデザイナーなるための流れ

Webデザイナー_勉強の流れ

webデザイナーになるための流れとしては、大きく3つの流れがあります。

webデザイナーになるための流れとしては以下の通り。

  1. 基礎を固める
  2. 実際に自分で作る
  3. 営業をしに行く
ウラケン
ウラケン
詳しく見ていきます!

基礎を固める

まずは、基礎を固めることが超重要です。3つの流れの中なら、ダントツで大事です。

基礎が固まることで、webデザイナーとしての活動寿命が延びたり、作れるもののレパートリーが多くなるという効果があります。

こうした効果は、のちのフリーランスの寿命を延ばしてくれるものなので、侮れないです。

例えるなら、よい花な咲くように土を成長させるという感じかと思います。個人差はありますが、基礎はかなり時間をかけてよいところです。

実際に自分で作る

基礎が作れたら、厳密には基礎を固めると同時に、実際に自分でモノを作っていくことも大切です。

知識を蓄えるだけの知識デブでは、何もできないのと同じことになってしまいます。頭は一丁前でも、実際に手を動かすとできないことが多いです。

スポーツの知識や情報に関しては豊富だけど、実際にやってみるとできない…という経験をした方はいるのではないでしょうか?

webデザイナーなどのクリエイターも同じです。知識だけでは足りない、手を動かして、モノを作ってなんぼの世界です。

営業をしに行く

実際にモノを作ったなら、次は営業をしに行きましょう。

待っているだけでは、最初の方は仕事が来にくいです。特に、Webデザイナーはフリーランスを含めて多くのWebデザイナーがいます。

そのため、Webデザイナーなりたての頃は営業をやりに行くことが重要になります。営業の方法は多く3つあるかと思います。

1つは企業に行くことです。これは一番ベターな方法かつ効果的でもあります。あわよくばフィードバックをもらうことができるので、よりよいコンテンツを作るヒントを得ることができます。

2つ目はSNSです。SNSで実際に作ったものを公開していくことで、仕事をもらうことができます。実際に、僕もこのメディアを通じてお仕事の依頼をいただいております。

最後の方法はブログやメディアを作ることです。メディアを通じて、SEO対策やWordpressの知識を知らせることができると同時に、作ったものを公開することができるので、一石二鳥です。

Webデザイナーに必要なスキル

Webデザイナー_必要なスキル

Webデザイナーになるために必要なスキルとしては、大きく3つあります。

3つのスキルは、プログラミング・デザイン・ライティングです。

本項目では、この3つのスキルを細分化しながら、具体的に必要なスキルを見ていきます。

HTML/CSS(bootstrap)/JavaScript(jQuery)/PHP

プログラミングスキルとしては、HTML/CSS(bootstrap)/JavaScript(jQuery)/PHPが必要かと思います。

基本的には、サイトデザインに必要なプログラミングスキルが必要となります。

CSSと関連したSaasというプログラミング言語もありますが、これにはRubyの知識が少しいります。そういうこともあり、Saasよりも今よく使われているbootstrapの方がオススメです。

勉強方法としては、「Progate→ドットインストール」で問題ないかと思います。

Photoshop/Illustrator

デザインに関しては、王道ですがPhotoshop/Illustratorのスキルは最低限あってほしいですね。

デザインスキルの付け方ですが、正直「コレ!」という方法はないです。そのため、一番ベターな方法としては、本を通じて勉強することかと思います。

『』で全体的な使い方を知りながら、『』でコアな部分をある程度把握して、実際に作っていくことが大切かと思います。

また、デザインスキルに関しては、僕のYouTubeでも勉強することができますので、参考にしてもらったらと思います。

SEO & 分析力

SEOの知識と分析力もWebデザイナーには欠かせないスキルです。

Webデザイナーはサイトの見た目をきれいに整えることも大事ですが、1番の肝は集客力を挙げて、企業の実績をあげること。

SEOは今の集客ツールとしてはかなり強いパワーをもっているので、知識をもっておくことが必要です。

SEOで集客をする場合、SEO知識がない人がやると集客力がガタ落ちしますし、下手したらサイトごと飛ぶ(=ランク外)になるので、採用側も気にするべき項目になります。

もし、SEO等で集客力を向上させたいというWeb担当者の方は、ぜひお問い合わせフォームからご相談ください。

あわせて読みたい
お問い合わせ_ライティング
【詳細】ライティング依頼のお問い合わせはこちらこんにちは、うらけんです。 ライティングのお仕事も受けています。 ライティング単価 文字単価:1文字4円〜 ...

WordPress

WordPressの知識も必要です。CMSという言葉を聞いたことがある方もwebデザイナーを目指している方ならいるかと思います。

CMSは、HTMLやCSSがなくても簡単にサイトができるという特徴を持っています。また、SEOに強いから使われているという所以もあるみたいです。

どちらにせよ、どこの企業も基本的にWordPressを使っていつので、最低限の知識は持っておきたいところです。

勉強法は、ドットインストールで学ぶことができるので、ぜひ活用してみてください。

ライティング(コピーライティング)

「ライティングなんてWebデザイナーに必要なの」と思うかもしれないですが、割と必要です。

上記でいった通り、Webデザイナーの生命線は集客をどれだけ増やせて、どれだけ収益を上げられるかです。

ライティングは人に伝える一番効果的な手段として、ライティングがあります。特にライティングの中でも、コピーライティングが重要です。

コピーライティングに関しては『ザ・コピーライティング――心の琴線にふれる言葉の法則』を読んでもらうことが一番だと思います。

コピーライティングを簡単にいうと、人が行動したくなるような文章を書くことです。

このスキルを手に入れると、割と人間関係がかなりイージーになります(笑)

将来的にwebデザイナーに必要とされるスキル

Webデザイナー_未来的に必要なスキル

日々恐ろしいスピードで技術が進んでいるわけですが、ここでは将来的にWebデザイナーに必要になってくるであろう3つのスキルをご紹介していきます。

ちなみに、将来的に必要になるであろう3つのスキルは以下の通りです。

  1. アプリ開発
  2. SNSでの集客力
  3. デッサン力
ウラケン
ウラケン
詳しく見ていきます。

アプリ開発

「それエンジニアの仕事じゃね?」って思うかもしれないですが、将来的には必要になるのではないかと思います。

理由としては、働き方の変化です。クラウドソーシング等で、仕事をする人が今後は増えてきます。その際に、「Webデザインでサイトを整えつつ、同時にアプリにもしたい…」というのは割と出てくるかと思います。

その際に、アプリに出来るスキルを持っていると、手に入れれるお金はさらに上がるかと思います。

SNSでの集客力

この3つの中なら、断トツで必要とされるスキルだと思います。

現代の企業の集客トレンドはSEOですが、SNSはSEOよりも集客がしやすいツールなので、今後かなりの企業が参入してくると思います。

「SNSってCtoC・CtoBの方が向いてるじゃん」と思うかもしれないですが、そんなことはないです。

今はBtoBのSNSの戦略法の例がないので、どうすればいいのかわからないため、企業は乗り込んで来ませんが、ぶっちゃけ1社でも有名な成功例が出てきたら、一気に流行ると思います。いや、もう流行っているかもしれないですね。

SNSの強さはSEOの順位でも変化を及ぼすといわれいる(主に権威性と信頼性)ので、やらない手はないんですが、割と多くの人がやりたがらないので、チャレンジしてみる価値はあるかと思います。

デッサン力

デザイナーになる人の一番の落とし穴として、デッサンを勉強しないことがあります。

「デザインとデッサン力なんか関係ないじゃん!」という意見もあるかと思いますが、実はそうでもないです。

これから多くのサイトやメディアはSEOに牛耳られるので、同質化した記事が多く出てきます。

この同質化した記事の中で、差別化を図る必要があります。差別化を図る方法として、一番ベターな方法がデッサンです。こうした理由から、デッサン力は将来的にかなり重要なスキルとなってきます。

ちなみに、デッサンは、この数百年・数千年間、先天性のスキルと思われます。

でも、実は先天性のスキルではないです。デッサンスキルの基礎になるのは解剖学という学問なのですが、簡単にいうと人間の体の骨格を把握することです。

解剖学を勉強しながら頭で骨格を押さえながら、それを手に覚えさせるまで書くことで、今まで先天性だと思われていたスキルは後天性のスキルとなります。

Webデザイナーになるための勉強法

Webデザイナー_勉強法

ここでは、上記でご紹介したスキルの具体的な勉強法をご紹介していきます。

本または動画で全体像をつかむ

webデザイナーに必要な勉強法ですが、まずは本や動画を通じて全体像を掴むことが大切です。

はじめからすべてを把握しようとすると、ドツボにはまってしまって挫折してしまいます。

まずは、6割くらいの理解度でよいので全体像を把握することが大切です。

手を動かして、企業の採用レベルまで上げる

全体像を把握できたなら、実際に手を動かして、企業に採用されるレベルまでスキルを磨いてください。

知識だけ蓄えても意味はなく、大切なことはモノを作れるか、作れないかです。

そのため、積極的にモノを作っていってください。

企業でスキルを磨くもしくは外注を獲得する

スキルが、企業レベルにまでなったなら、実際に企業に入るもしくは外注を獲得したりして、スキルを磨いていきましょう。

モノをつくるといっても、作っているだけではモチベーションが維持できません。

実際に、今の自分がどのレベルがどこにあるのかを、就職したり、外注を申し込みながら把握してください。

このときに仮に、就職できなくても仕事をゲットできなくても、落ち込む必要はないです。

またレベルアップするための材料が集まったと考えて、どんどんレベルアップすることが大切です。

よくある質問①:webデザイナーにおすすめの本・スクールはあるの?

A. webデザイナーオススメの本やスクールについては『【総集編】4年間の独学から見えた勉強するときの4つのポイントと各ジャンルごとの勉強法』もしくは『【無料アリ】プログラミング独学人が教えるオススメのプログラミングスクール4社』の記事にてご紹介してますので、ぜひ参考にしてみてください。

よくある質問②:独学からフリーランス・就職はできる?

A. 独学でフリーランス・就職は可能です。勝手なイメージですが、こうしたクリエイティブな職についている方は、独学をされている方が多いです。

加えて、就職またはフリーランスになってからも独学が続くので、独学で就職できた方が後々には楽かもしれません。

よくある質問③:webデザイナーになるにはどれくらい時間が必要?

A. どれくらいという具体的な話はできませんが、プログラミングとデザインが仕上がれば、その時点で割と就職はできると思います。

強いて具体的な期間をあげるのであれば、早くて3ヶ月くらいでできるのはないかなと思います。

ABOUT ME
ウラケン
ウラケン
プログラミング・デザイン・ライティングの3足の草鞋を履いてる大学生
Webデザインの詳細ページ
Pocket

Webデザイン