Lifestyle

【超便利!】忙しい方や高齢者にオススメしたい宅配食サービス4選

宅配食_おすすめ
Pocket

こんにちは、うらけんです。

今回のテーマは「宅配食」になります。

  • 宅配食ってなに?
  • 宅配食を利用するメリットやデメリットはあるの?
  • オススメの宅配食サービスを知りたい!

本記事では、このよう疑問や悩みを解決できるようになっています。

宅配食と聞くと、「怪しい…」と思う方もいらっしゃるかと思います。僕自身も「大丈夫なのか…?」と思っていたのでよくわかります。

ですが、宅配食というサービスはかなり使えます。特に、仕事で忙しい方・栄養が偏りがちな方・ダイエットをしている方・高齢者の方にはこれ以上ないサービスだと思います。

ということで、早速見ていきたいと思います!

宅配食とは

宅配食とは、ネットや電話で注文するだけで、お惣菜やお弁当を届けてくれるサービスです。イメージ的には、UberEATSをしてもらえるといいと思います。

ただ、UberEATSとの違いは、より家庭的なご飯を食べることができるという点ですね。

宅配食によっては、管理栄養士の監修のもとで作られているお弁当やお惣菜が多くあります。宅配食の多くはお試しができるものが多いので、ぜひ試してみてください。

本記事では、オススメの宅配食5つご紹介していきますが、僕なら「」の一択だと思います。

宅配食の利用に向いてる方

本項目では、宅配食の利用に向いている方をご紹介していきます。

向いている方を先にご紹介していきます。

宅配食の利用に向いてる方
  1. 毎日の帰りが遅く栄養が不足していると感じている方
  2. 冠婚葬祭などのイベント予定のある方
  3. 高齢者の方

毎日の帰りが遅く栄養が不足していると感じている方

毎日の帰りが遅く栄養が不足していると感じている方には、宅配食を強くおすすめしたいです。

働くことができるのでは、健康なカラダがあってこそ。必死に働くことも良いですが、私生活を整えることもめちゃくちゃ大切です。

宅配食の中には、管理栄養士の監修のもとで作られているお弁当やお惣菜が多くあります。特に、「食宅便」は管理栄養士の監修のもとで作られている宅配食の1つなので、ぜひ試してみてください。

管理栄養士監修「食宅便」

高齢者の方

高齢者の介護をしている方や料理をする体力がなくなってきたという方にもかなりおすすめです。

宅配食には、栄養バランスを整えた食事が多いため、自ら作るよりも栄養価が高い食事を食べることができます。また、「介護をしていると料理をするわけにもいかない‥」という方も多くいらっしゃるかと思います。そういった方には、ホントにおすすめしたいです。

僕自身も祖父母がいますが、年とともに味覚も衰え、料理の味付けで喧嘩をすることもあるようで。そういうときに、敢えてお惣菜やお弁当をあげるとかなり喜んで食べてくれるので、気分転換の1つとして、宅配食を利用してみることも良いと思います。

日々、おいしい料理を頑張って作っていることだろうと思います。たまには宅配食を利用して、ちょっとくらい休んでみてもよいのではないでしょうか。

管理栄養士監修「食宅便」

宅配食を利用するデメリット

ここでは、宅配食を利用するデメリットをご紹介していきます。

また、デメリットに対する対策法も同時にご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

宅配食を利用するデメリットとその対策法
  1. 配送エリアが指定されている場合がある
    →全国展開している宅配食を利用する
  2. 費用がかかる
    休めることを考えると安い

配送されるエリアが指定されている場合がある

デメリットの1つとして、配達されるエリアが指定されていることがあります。

ただ、全国展開している宅配食もあります。そのため、全国展開しているものを選んでいただければ問題ないかと思います。

全国展開していておすすめの宅配食は「ウェルネスダイニング」です。

ウェルネスダイニング

費用がかかる

費用がかかることもデメリットとなることがあります。

ただ、宅配食を利用すれば、日頃の疲れを癒やすことができますし、休みながらも栄養の高い取れると思えば、かなりコスパはいいと思います。

比較的格安な宅配食は、「おまかせ健康三彩」だと思います。

おまかせ健康三彩

宅配食を利用するメリット

この項目では、宅配食を利用するメリットをご紹介していきます。

宅配食を利用するメリット
  1. 食事の用意をしなくていい
  2. バランスの取れた食事ができる
  3. 高齢者の介護に集中できる

食事の用意をしなくていい

一番のメリットとしては、食事の用意をしなくてよいということがあります。

料理が嫌いならする必要はないですし、「料理がめんどくさい!」と思うならしなくても良いのです。手間をかけなくても、美味しいものを食べることができます。

しかも、管理栄養士がついた食事を食べることができるので、自分が作るよりも栄養素をとることができます。

バランスの取れた食事ができる

2つ目のメリットはバランスの取れた食事をとることができます。

以下の段落では、おすすめの宅配食をご紹介していきますが、できる限り管理栄養士が監修のもと作られている宅配食を選んでいます。

ただ、その中でも一番は「食宅便」だと思います。

管理栄養士監修「食宅便」

高齢者の介護に集中できる

3つ目は介護に集中できることです。

高齢者の介護をしていると、落ち着いて料理を作ることができないことが多いです。場合によっては、せっかく料理していたのに、焦がしてしまった‥ということもあるでしょう。

料理で失敗した際に、ついつい自分を責めてしまうかもしれないですが、それはしょうがないことなのです。20代の僕ですら、料理をしているとやるべきことを忘れたりすることが多々あります。

そうしたときは、休憩をとることが一番良い薬になります。もし、疲れているのであれば、宅配食を利用してみてもよいと思いますよ。

おすすめの宅配食4選

ここでは、おすすめの4つの宅配食をご紹介していきます。

選んだ基準としては、以下のとおりです。ただ、すべてに該当しているわけではないので、ご注意ください。

  • 食の安全性が確保されていること
  • できるだけ管理栄養士がついているもの
  • できるだけお試しができるもの

ウェルネスダイニング

ウェルネスダイニング では、管理栄養士の監修のもとで作られている宅配食です。

冷凍されたものが届くので、レンジで温めればすぐに食べれますし、保存もできるので、一人暮らしの方から高齢者の方までオススメできます。

口コミ等からは、「少し味が薄い」との声もありますので、一気に買うよりかはお試し感覚で始めた方が良いかもしれません。

ウェルネスダイニング

食宅便

「食宅便」も管理栄養士の監修のもとで作られている宅配食です。

食宅便の特徴は、品数が多いことだと思います。あと、見た目から美味しそう。少し値段はしますが、宅配食としてはコースが豊富ですし、安全性にお金を払っていると考えれば納得のいく価格なのではないでしょうか。

この4つの中でどれがいいかと問われたなら、真っ先に僕は「食宅便」の一択だと思います。

管理栄養士監修「食宅便」

わんまいる(食事宅配)

「わんまいる」も管理栄養士さんがついた上で献立を作成して、実際に作られています。

「わんまいる」の特徴として、初回限定で割引がされているので、試しやすくなっています。初回限定の宅食ならば、一食あたり650円程なので、コンビニで下手に済ますよりもこちらの方が良い点です。

また、コンビニだと添加物が満載ですが、宅食ならば管理栄養士がつきいていますし、プロが作る食事を毎日食べれると思えば、かなりコスパはいいと思います。

「わんまいる」

おまかせ健康三彩

「おまかせ健康三彩」も、ちゃんと管理栄養士さんがついて栄養素のバランス考えた上で献立を作成しています。

おまかせ健康三彩も「わんまいる」同様、お試しを試すことができます。ただ、「わんまいる」に比べると少し割高です。そのため、お試しをするのであれば「わんまいる」がよいと思います。

もし、気になる方は両方のサイトを見て、自分の好みに合った方を選んでいただければよいと思います。ちなみに、僕なら「わんまいる」を選びます。

おまかせ健康三彩

まとめ

いかがだったでしょうか?

「宅配食」というと、怪しい感じもしますが、そんなこともないです。この逆で、宅配食は日々の疲れた体を休めてくれるものなのです。

今回紹介した4つの宅配食サービスは資料請求も可能ですので、ぜひ活用してみてくださいね。

ABOUT ME
ウラケン
ウラケン
サラリーマンとWebデザイナーの二足のわらじを履いてます。「独学でWebデザイナーになれた方法」・「Webデザイナーの方に便利な情報」に発信しています。
Webデザインの詳細ページ
Pocket

Webデザイン_フロー Webデザイン