Code

【未経験者向け】独学者が教えるプログラミング学習を始め方

Pocket

こんにちは、うらけんです。

今回のテーマは「プログラミング学習を始め方」です。

プログラミングを独学で勉強してきた大学生が、実際に行ったor行っている勉強方法をご紹介します。本記事の目標は「クラウドソーシングでプログラミングの案件獲得してバイト代を稼ぐ」です。そのため、すでに案件獲得している方向けの記事ではありません。

それでは、先に勉強法についてご紹介してます。

  • プログラミングを学ぶ理由を明確にする
  • パソコンをゲットする
  • 基礎知識をつける
  • 実際にモノを作る
  • 作ったポートフォリオで営業する

僕自身、プログラミングスクールに通うお金がなくて、仕方なく独学をするしかなかったわけですが、案件をもらえるまで成長することができました。

ただ、獲得するまでには、2.3回の絶望を味わいましたし、案件をもらってからもしんどすぎて1回挫折しました。本記事でご紹介する独学方法でおそらく、だいたい習得することはできますが、ある程度のレベルまで行ったなら、よっぽどの理由がない限り、スクールに通うことをおすすめします。

余談ですが、「プログラミングスクール」で検索するとわかるかと思いますが、余裕でスクールが何十社も出てきます。もし、プログラミングでお悩みの方は「【無料アリ】プログラミング独学人が教えるオススメのプログラミングスクール4社」や「「Tech Boost」で未経験からエンジニアを目指す」の記事を参考にしてもらえるとよいかと思います。

独学でも習得することは可能ですが、やはりスクールに通ったほうが習得スピードは上がります。「自分に投資する」という意味でも、通うべきだと僕は思います。

前書きはこれくらいにしておいて、早速、本題入りたいと思います。

プログラミングを学ぶ理由を明確にする

まずは、プログラミングを学ぶ理由を明確にすることが大切です。

理由があることで、モチベーションが上がりますし勉強に対する理解度もかなり変わってきます。また、この理由に関しては、なんでも構わないです。

まっとうな理由とされているものとして、「アプリを作りたい!」とか「サービスを作りたい!」があります。しかし、「月5万円稼ぎたい‥!」や「自分でモノをつくれるようになりたい‥!」でOKです。

多少、不純と言われるような理由の方がコミットメント力が向上します。実際に、僕も「自分でモノを作りながら、どこでも仕事ができるようになりたい!」という理由で始めました。

最初から高い理由は逆効果になりやすいので、低い目標でOKです。

パソコンをゲットする【Macが理想です】

プログラミングをする上で、パソコンはなくてはならないものです。逆にパソコンがあればできるので、自己投資として、ぜひ用意してください。

プログラミングができると、月50万円とか学生でもゴロゴロいますので、パソコン代くらいなら、余裕で回収できます。

パソコンの種類ですが、Windowsでもいいですが、個人的にはやはりMacがおすすめです。ふつうにスペックも申し分ないですし、SwiftやPerlが入っているので、それだけでも買う価値はあると思います。

パソコンは「MacBook Pro 13インチ」で問題ないと思います。

僕は、一番15インチのMacを買ってしまって、結果的に持て余しているので、ぶっちゃけムダをしてしましました。

プログラミングの基礎知識をつける

3つ目のステップは、基礎知識をつけることです。この基礎知識をつけることが一番大事です。何回でも言いますが、めちゃくちゃ大事です。

ここを疎かにすると、あとの勉強が水の泡となってしまうといっても過言ではないです。Twitter界隈では、「いきなりアプリをつくれ!」ということが飛び交っていますが、半分あっていて半分間違っています。

プログラミングの基礎については、「ある程度のプログラミング言語の理解」と「基礎技術者・応用技術者くらいの知識」があることだと思っています。

実際に、僕はこのあたりの知識がなさすぎて、何回も挫折しました。最近になってやっと必要性を知って勉強を始めましたが、プログラミング言語を学びながら、これらの基礎知識については、同時並行でやっておくべきだと思います。

あわせて読みたい
【プログラミングで収入を5万円増やそう!】HTMLとCSSを独学で習得できる本3選!こんにちは、うらけんです。 できるだけ早く、習得できる方法を知りたい。 現在(2018年)のおすすめのHTMLとCSSの本を知り...

基礎技術者・応用技術者くらいの知識を手に入れるためには?

「基礎技術者・応用技術者くらいの知識があること」は、おそらく当たり前すぎていわれてだけだと思いますが、絶対に必要です。

基礎技術者・応用技術者の勉強をしないというのは、裸で戦場に向かっていくようなもので、無謀でしかないです。90%で挫折すると思います。

基礎技術者・応用技術者くらいの知識に関しては、「キタミ式イラストIT塾 基本情報技術者 平成31/01年 (情報処理技術者試験)」と「キタミ式イラストIT塾 応用情報技術者 平成31/01年 (情報処理技術者試験)」で十分だと思います。

ちなみに、僕のYouTubeでも基礎技術者・応用技術者の知識を紹介しているので、参考にしてもらえればと思います。

うらけんのYouTube

プログラミングスクールはどうなの?

プログラミングスクールに行ける余裕があるなら、行くべきだと思います。

プログラミングで一番大変なことエラー処理なんですが、「エラー処理で一日がおわった‥」という日があるくらいめんどくさいです。

エラー処理というめんどくさい工程を、プログラミングスクールに通うと「コード内のどこが違うのか」ということをメンターに聞くことができますし、スクールを通じてエラーが起きたときの対処法を知れるので、僕は行けるなら行くべきだと思います。

あわせて読みたい
【無料アリ】プログラミング独学人が教えるオススメのプログラミングスクール4社こんにちは、独学でプログラミングを勉強しているうらけんです。 独学でプログラミングを勉強しているわけですが、ぶっちゃけ短期間に習得...
あわせて読みたい
「Tech Boost」を利用して未経験からエンジニアを目指す【Web系コースの一択です】こんにちは、うらけんです。 「プログラミングスクール」で調べるとわかると思いますが、世の中には死ぬほどプログラミングスクールはあり...

プログラミングを使ってモノを作る

基礎知識をつけて、ある程度プログラミング言語を学習したら、実際にモノを作っていきましょう。

独学の場合、学習する方法は「Progate」や「ドットインストール」になると思いますが、模写しているだけで、実際に作っているわけではないです。

もちろん、勉強する上で模写は必要な過程ですが、それだけでは足りないです。実際に、モノを0から作る必要があります。

最初は、HTMLやCSSなど使った簡単なサイトを作ることが良いと思います。そこから、JavaScriptで動的なサイトを作ったり、PHPでECサイトのようなものを作ることが良いかと思います。

ここで作った作品(ポートフォリオ)は、このあとの営業をするときに必須になるものなので、必ず1つ以上は作るようにしてくださいね。

作ったポートフォリオで営業する

最終ステップは作ったポートフォリオをもって営業に行くことです。

ポートフォリオがあることで、「この人はここまでの理解度があるんだな」ということを知ってもらうことができ、受かりやすくなります。

営業先は、就職を考えている企業でもいいでしょうし、クラウドソーシングで探しても良いと思います。クラウドソーシングなら、「【ランサーズ】日本最大級のお仕事発注サイト!」や「クラウドワークス」があります。

もし、「ガッツリ仕事をしたいぞ!」という方は、【クラウドテック】もおすすめです。

本記事に関しては以上になります。

独学でプログラミングを学ぶ方法や学習する上で大事なことは理解していただくことができたと思います。ぜひ、プログラミングを勉強して自由を手に入れましょう!!

あわせて読みたい
【無料アリ】プログラミング独学人が教えるオススメのプログラミングスクール4社こんにちは、独学でプログラミングを勉強しているうらけんです。 独学でプログラミングを勉強しているわけですが、ぶっちゃけ短期間に習得...
ABOUT ME
ウラケン
ウラケン
サラリーマンとWebデザイナーの二足のわらじを履いてます。「独学でWebデザイナーになれた方法」・「Webデザイナーの方に便利な情報」に発信しています。
Webデザインの詳細ページ
Pocket

Webデザイン_フロー Webデザイン