Lifestyle

【失敗だらけの現役大学生が教えます】大学生が損をしないでお金を稼ぐ5つの方法!

Pocket

こんにちは、おそらく大学6年生で卒業するうらけんです。

4月ということもあり、新大学生の方が多くいらっしゃると思います。

3年前の僕が大学1年生のころは、「大学生が稼ぐためには、バイトやインターンシップで稼ぐしかなく、耐えて耐えて働くことでお金を稼ぐことができる」と思っていたので、このように思う大学生の方はきっと多いと思います。

そこで、本記事では、バイトやインターンシップ以外でも大学生が稼ぐための方法があることを紹介していきます。

最近よくある「何もせずに月数万円!」とかではありません。

こうしたビジネスをしたいという方は、ちがう記事を当たった方が良いかと思います。

あくまでも、この記事では地道ではあるけれど、正しい方法で正しく稼ぐことをモットーに記事の作成を行なっています。

また、最後に上記のような「何もせずに月数万円!」の一番の欠点は、誰でもできることです。

つまり、”あなた”である必要はないのです。

これからの時代で、この”あなた”である必要はないということは致命傷になるので、こうしたビジネスには手を出さないことをおすすめします。

では、実際に、「大学生が損をしないでお金を稼ぐ方法」を紹介していきます。

大学生が稼ぐ5つの方法

早速、大学生が稼げる方法を紹介していきます。

ここでは、実際に、僕自身が試してきたものだけを書いています。

一番ベストなのは、バイトやインターンに行きながら、自分のスキルで稼ぐこともしくは、自分でビジネスを始めることです。

まったく難しくないので、ぜひ肩の力を抜いて読んでくださいね!

バイト&インターンシップで稼ぐ

バイトやインターン以外と言いながらですが、言いたいことが1つあるので、あげさせてください(笑)

ここで、言いたいことは1つ。バイトやインターンで満足しないことです。バイトやインターンではお金持ちになれません。これは絶対です。

理由は簡単で、稼ぐことができる金額が決まっているからです。

例えば、時給1000のバイトで週3回フルタイムで入ってたとしても、稼げてもせいぜい10万円前後でしょう。

ここから上がることはありません。お金持ちになるためには、稼ぐ量を増やすのではなく、時給を増やすことが大切です。

お金を持ちになりたいという方は、「金持ち父さん 貧乏父さん:アメリカの金持ちが教えてくれるお金の哲学」を読んでみてください。お金持ちになれる人の仕組みを知ることができます。

ちなみに、僕は、家庭教師・飲食店・イベントスタッフ・ベンチャーのアルバイトをしてきましたが、Max15万円が限界でした。

広告費(アフィリエイト)で稼ぐ

広告費というのはいわゆるアフィリエイトです。これは時間がかかりますが、かなりオススメです。

理由は、初期投資が低いにもかかわらず、ビジネスに関して学べることがたくさんあるためです。

ただ、ネックなのが続かないことですね。アフィリエイトで稼ぐためには、YouTubeしろ、ブログにしろ、サイトにしろ、毎日更新しないと収益は出ません。

逆に、「自分が夢中になれるもの × YouTube・ブログ・サイト」とのように掛け合わせることができるならかなりイージーゲームになってきます。

(追記)

アフィリエイトがオススメと、この時期はいっていましたが、ITP問題やSEOのアップデートにより、今までの手法では稼げなってきました。

つまり、今までアフィリエイトをしていれば、十分な収入が入ってくるという状況はなくなりつつあります。

現に、数十年間アフィリエイターとして活動視されている方も着々と、アフィリエイターをやめられています。

そのため、この時期では、アフィリエイトがおすすめでしたが、現在(2019/7月)ではなかなか厳しいビジネスになっています。

もちろん、まだ稼がれている方もいらっしゃるので、無理ではないと思いますが‥。

アフィリエイトで稼ぐなら、おそらくにYouTubeに注力を注いだ方が可能性はあると思います。

物販で稼ぐ

物販も試してみましたが、僕にはあまり合いませんでした。特に、メンタルの部分でかなり苦しかったですね。

なぜなら、在庫がなくなると商売にならないからです。わかりやすいところだと、メルカリなどで本を売ることだ思いますが、本がなくなると終わるわけです。

もちろん、海外に頻繁にいく人ならば、海外で安くモノを手に入れて、日本で売るというならばかなりアリだと思います。

クラウドソーシングで稼ぐ

クラウドソーシングとは、一言で簡単に言えば「オンライン上で不特定多数の人に業務を発注すること」です。

(引用先:https://list.crowdsourcing-fan.com/about-cs/)

4つ目はクラウドソーシングで稼ぐ方法です。クラウドソーシングも実際にやってみましたが、ぶっちゃけ稼ぎにくいです。

ただ、ビジネススキルを磨くという点やそれなりのスキル(ライティング・デザイン・プログラミング)がある場合は、バイトよりも稼ぎやすいと思います。

僕は未経験のライターから始めたので、一ヶ月目で1万円が限界でした。

文字単価でいうと0.5~0.7円くらいだったと思います。

スキルで稼ぐ

5つ目は、スキルで稼ぐことです。

「稼ぐ」ということに特化するなら、スキルで稼ぐ方法もかなりオススメ。

スキルは、みんながみんな持っているわけではないですし、スキルがあるというとセンスがあるという認識をする人が多いので、重宝されます。

オススメのスキルとしては、ライティング・プログラミング・デザインがいいと思います。

もし、「自分には才能がないから、こんなのできないよ…」という方は、ぜひ「マインドセット「やればできる! 」の研究」という本を読んでみてください。

才能が先天性ではないことを教えてくれる本です。

損しないためのにはお金の使い方が重要になる

損をしないためには、お金の使い方が超大事です。稼いではいるけど、浪費をしていては全く意味がありません。

大事なのはバイトなりインターンなり自分のビジネスで稼いだお金をいかに投資できるかが大切。浪費や消費に関しては、生活レベルが下がらない程度で削ってくことがよいです。

ちなみに、お金の投資とは、「本を買ったり経験したことないことにお金を使ったり、時間をお金で買うこと」と僕は考えています。おそらく、ここのズレはないかと思います。

大学生のうちのエラーは財産になる

大学生に区切る必要はないですが、エラー(失敗)を経験するのは、早ければやめて早い方がよいです。

若い方が軌道修正できますし、今後のビジネス人生で活かすことができるからです。

チャレンジするときは、怖さがあるかもしれませんが、そこで動ける人しか、大きなお金を稼ぐことはできません。

しかも、ここで紹介したバイト以外のビジネスは、初期投資がかなり低いものばかりです。

仮に、結果が出るのに2年かかったとしても、収入は何10倍にも、何100倍にもなります。

自分に投資をして始めることができれば、就活なんて楽勝ですし、それ以降の人生もかなり過ごしやすくなると思います。

ぜひ、バイトやインターンに行きながら、自分のビジネスも育ててみてください。

失敗する人には二種類ある。考えたけれども実践しなかった人と、実践したけど考えなかった人だ。

(ローレンス・ピーター)

 

ABOUT ME
ウラケン
ウラケン
サラリーマンとWebデザイナーの二足のわらじを履いてます。「独学でWebデザイナーになれた方法」・「Webデザイナーの方に便利な情報」に発信しています。
Webデザインの詳細ページ
Pocket

Webデザイン_フロー Webデザイン