Lifestyle

【無料テンプレートアリ!】名刺の作り方はコレで決まりです!

名刺_作り方
Pocket

こんにちは、うらけんです。

「名刺デザインしたことがないからできるか不安…」
「デザインとかセンスだし、無理でしょ…」

このように思う一方で、「自由自在に名刺を作れるようになりたい!」と思っているのではないでしょうか?

名刺デザインは割と簡単なので、「名刺デザインなんてしたことがない!」という方でも、割と取り組みやすい領域です。

カッコいいもしくはかわいい名刺を作るなら素人もプロもそこまで差はないと思います。

実際に、僕も初めてデザインを行う際には、名刺デザインから始めました。

今回は、デザインスキルがない方でも、今すぐにできる名刺の作り方をご紹介していきます。

名刺には、相手に「誰なのか、何をしている人なのか」ということが伝われば、最低限の役目にはなります。

名刺を作る時に大切な7つのこと

名刺の作り方で大事な項目が7つあります。

名刺作成の際に大切な7つのことは、以下のとおりです。

  1. 「どういう企業なのか?」 or 「どういう人なのか?(個人の場合)」
  2. 役職・肩書き
  3. 所在地
  4. メールアドレス
  5. 電話番号
  6. SNSアカウント
  7. Webサイト

最低限必要な項目は、これらかと思います。

相手により知ってもらいたいならば、ロゴなどの他の要素を入れてみることもアリです。

名刺を作成で使えるテンプレート

ここでは、実際に僕が作成した名刺のテンプレを公開します。

ただし、ファイルが「ai」ですので、「ちがう型でほしい」という方はお手数ですが、TwitterのDMもしくはお問い合わせフォームにて、ご連絡を頂けますと幸いです。

また、今回紹介したテンプレに関しては、これからさらに増やしていくつもりですので、ぜひご活用ください。

名刺作成テンプレート

名刺の作成で使えるツール

「イラレでしか名刺は作成できないの?」という疑問を持っている方もいる方いるかと思います。

結論からいうと、イラレ以外でも余裕で作れます。

本項目では、イラレ以外で名刺を作ることができるツールを一覧にしておきます。

ここで紹介する中で、もっとも使いやすいのは「Canva」かと思いますが、実際に触ってみて合うものを選んでみてください。

名刺を作る際に出てきやすい4つの悩み

最後に、名刺作成で出てきやすい悩みについてO&A形式でご紹介していきます。

名刺作成で湧いた疑問を解消できるかと思うので、参考にしてみてください。

Q1. 名刺のベストサイズを教えてほしい!

名刺のベストサイズは「横(W)91mm × 縦(H)55mm」または「横(W)89mm × 縦(H)51mm」です。

日本では、「横(W)91mm × 縦(H)55mm」と少し大きめのサイズがよく使われています。

ただ、「よりスタイリッシュな名刺を作りたいんだ!」という方は、「横(W)89mm × 縦(H)51mm」がおすすめです。

こちらは、主に外国で使用されている名刺のサイズです。日本の名刺に比べるとすこし小さいの特徴的ですが、収納しやすいので、名刺を渡された側としては保管しやすいかもしれません。

Q2. ワードやエクセルで作れるの?

結論からいうと作れます。

「名刺 作り方」や「名刺 Word」でググると割と出てきます。

Q3. 外注した方がいい?

予算があるのであれば、外注したほうが短期間に良いものができます。

そのため、予算に余裕があるのであれば、サクッと外注することが良いかと思います。

ちなみに、名刺デザインを行っているので、依頼してもらうことも可能です。

費用は5000円〜で、最短2日で作成致しますので、ご相談だけでも問題ないので、ご興味のある方はお問い合わせフォームからお問い合わせください。

ベストなフォントはあるの?

ベストなフォントはありませんが、スタイリッシュなフォントを扱っているところ多いです。

最近では、ベンチャー企業やスタートアップ企業が多く、「未来的(先進性)な印象を持たせたい!」という企業が多いため、どうしてもこうしたスタイリッシュな文字を採用する企業が増えています。

文字で会社の印象が大きく変わるので、「どのような印象を相手に持ってもらいたいか?」という視点でフォントを選ぶといい選択をすることができます。

下記のフォントは比較的、未来的な印象をもたせるようなフォントですが、ぜひ参考にしてみてください

  • 源ノ角ゴシック
  • セリフ体
  • サンセリフ体
  • スラブセリフ
  • 源ノ角明朝

本記事は以上となります。

名刺作成は自作でもかなりよいものを作りやすい分野です。もし、「予算が確保できない!」という方は、自分で作ってみることもアリです。

ただ、外注した方が「早く」かつ「思い通り」の名刺を作成してくれるので、もし予算を確保できるのであれば、外注してしまうことをおすすめします。

名刺デザインの相談をしてみる

ABOUT ME
ウラケン
ウラケン
サラリーマンとWebデザイナーの二足のわらじを履いてます。「独学でWebデザイナーになれた方法」・「Webデザイナーの方に便利な情報」に発信しています。
Webデザインの詳細ページ
Pocket

Webデザイン_フロー Webデザイン