Lifestyle

【図解】ついつい見てしまうアレには5つの法則があった。

Pocket

こんにちは、うらけんです。

最近になって、凄まじいほどテクノロジーが進んでいるので、不変的な知識っていうのは割と重要だと感じてます。

そして実際に、人間には自然と見てしまう事柄がいくつかあると言われています。

例えば、空腹時に食事の話をされると、ついつい目の前の仕事よりもそっちの話を聞いてしまうだろうし、
「カンタンにお金が稼げます!」という怪しい広告をついつい見てしまう…などの経験があるはずです。

このようなついつい見てしまうモノには、少なからず法則あるようです。

そのため今回は、「人間がついつい見てしまう5つのこと」をご紹介していきます。

記事の信頼性として、本記事は、数十本の書籍および論文を参考に作成しておりますので、それなりに信頼性はあるかと思います。
(参考記事:Life without professional work-perceptions about one ’s self, interpersonal relations and social life after retirement

人間がついつい見てしまう5つのこと

人間がついつい見てしまう5つのこと 人間は生活とお金が絡むとついつい見てしまう 人間は健康や人間関係が絡むとついつい見てしまう 人間は夢や野望が絡むとついつい見てしまう 人間は命にかかわることには自然とみる傾向がある

使えるシーン

これら知識が使えるシーン

使えるシーンを増やす方法

最後に、本記事で紹介したこれらの法則をより幅広く使う方法をご紹介していきます。

その方法は、「テクノロジーやスキルと掛け合わせること」です。

例えば、僕はWebデザインを仕事にしていますが、これらの法則を使う場面は山程あります。

Webデザイナ−にはキャッチコピーを考える仕事もあり、
この仕事は「ライティング×心理学」のような分野であるため、上記のような人間の深層心理と掛け合わせることが多いように思います。

他にも、マネジメントでも使えます。

人間の悩みを抽象化すると、ほとんどが上記の5つの項目に該当します。

このように、人間にはついつい見てしまう事柄があり、これらを知っていることで生活や人間関係はかなり改善できます。

ぜひ、よい形でこの知識を使ってみてください!